金沢東急ホテル

金沢東急ホテルは、東急ホテルズが運営するホテルで、1985年に開業しました。香林坊第一開発ビルの中にあり、まさに金沢の中心にあるといえるでしょう。客室数は232。全てが洋室ですが、武家文化をイメージしつつモダンな印象のある落ち着いた内装になっています。全体の3分の2近くがツインルームで、旅行など家族での滞在にも対応しています。全室でWi-FiとLANケーブルの利用が可能で、各種アメニティも充実しています。

館内には2か所の食事処があり、1日3食を楽しむことができます。朝食は、レストラン「マレ・ドール」では和洋折衷のバイキング形式で、加賀料理の「金茶寮」では「加賀百万石の朝げ」という和朝食を選ぶことができます。いずれにも個室があり、家族の会食や少人数のパーティーなどにも対応しています。「マレ・ドール」にはスイーツやアフタヌーンティーも楽しめるラウンジと、市内のホテルでも数少ないバーもあります。

館内には大小の宴会や会議に使える施設があり、ビジネスや個人的な集まりに広く利用されています。結婚式や披露宴も行うことができますが、金沢東急ホテルでは「Kanaza和Wedding」として和風の演出を重視しているのが特徴です。

観光スポットが多い地域に立地する金沢東急ホテルでは、古都・金沢を満喫できる2~5時間のハイヤーによる観光コースも提供しています。

関連リンク≪東急ホテル – 金沢市内のホテル